【新しいお葬式】今日の様々な葬儀のかたちを知ろう

一般葬について(主に仏式)

一般葬について(主に仏式)の写真

家族葬のお葬式の流れは、基本的に一般葬と大差はありません。予算の違いによる、祭壇や棺などの豪華さに違いが出る可能性はありますが、「安置」「納棺」「通夜」「葬儀」「告別式」「火葬」「法要」「精進落とし」といった葬儀の流れは基本的に一般葬と同じと考えて差し支えありません。

では何が違うかというと、参列する人を近親者やごく親しくしていた人たちに限ることで、この点のみが一般葬とは大きく異なる重要なポイントです。

なお、家族葬と似ている形式で『密葬』と呼ばれるかたちがありますが、これは、密かに葬儀を行うことが主目的であり、その参列者は家族やごく限られた近親者のみで執り行います。

また、家族葬と異なる点としてもう1つあるのは、密葬の後に、別の日程を組んで、告別式やお別れ会といった会を行うことがあることです。

有名人が死去した場合などには、よくこの葬儀の形がとられます。大規模な本葬の前に、内輪で葬儀を済ませてしまうことが狙いであるわけですが、そうする理由は、葬儀に参列者が殺到してしまうと葬儀が混乱してしまうため、後にお別れ会として混乱なく執り行うことができるからです。

ともあれ、家族葬は、家族と親しくしていた人たちで細やかに葬儀を執り行いたいという希望にマッチする新しい葬儀の形になります。

一般葬よりも規模が小さいので、費用的に負担が少なく、今日ではよく見られる葬儀の形です。